高性能住宅とは

高性能住宅とは

高性能住宅には
快適な室内居住環境(気候)を実現するためには、建物の「断熱」、「気密」、「暖冷房」、「換気」という技術的要素が大きくかかわってきます。快適な室 内居住環境(気候)は、建物本体の個々の性能や、設備計画で実現するものであって、単に高断熱にするとか、高気密にするとか、あるいは最新の暖房設備を入 れるということだけで実現するものではなく、窓や玄関ドア等の開口部、建物に応じた必要な断熱、気密性、これに見合う適切な暖冷房や換気方法を組み合わ せ、全体としてバランスが取れるような計画をしなければなりません。

そして、トータルなバランスが取れて初めて、良好な室内環境(気候)を実現できるので あり、バランスが取れなければかえって室内環境(気候)を不快なものとし健康被害の原因ばかりか、建物の耐久性など多くの事にいろいろな問題を生じさせる 結果となるのです。

さらに、高性能住宅においては、これらの他、冬季間の室内環境を良好なものにするだけでなく、夏季においても居住空間を快適にするため に、夏の防暑対応として、先に記した要素のほかに、日射の遮蔽、日射熱の吸収防止、通風などの要素も加味する必要があります。



セントラル冷暖房は高断熱化が必要ですが、高断熱化すると当然住宅の耐久性を保持するためや熱損失を防ぐために必然的 に気密化は避けられません。気密化した住宅では、部分暖房すると非暖房室で結露やカビの発生が起こり易くなります。

まして、これが目に見えない壁の中で内 部結露などしようものならそれこそ建物の寿命にまで影響を及ぼしてしまうからです。そこで、水蒸気を含んだ湿った空気を排出するために換気を促進させる と、今度は換気によってせっかく暖めた熱が建物外部に逃げて行ってしまいます。

このように、ここで上げた4つの要素のどれか一つでも欠落してしまえば、建築物の耐久性ばかりか、それによって住まう人間にとっても様々な障害を生じさせ、ひいては健康被害を我々人間にもたらしてしまうのです。快適住宅に性能の 中間はあり得ないわけであって、4つの要素をもとに十分な性能を求めるか、さもなければ、中途半端な対処をするくらいならしない方が良いのです。